<彩弓会>競技委員の仕事内容について


〈彩弓会〉競技委員の仕事は、彩弓会内で毎月行われる月例射会や各射会の準備・片付けの先導、及び進行が主な仕事になります。


1.月例・射会の会場準備

<○×表示板の準備>

表示板と○×プレートを矢道脇に移動・設置します.表示板は巻き藁の脇,○×プレートの入った小さいダンボールは備品棚の中央付近にあります.

<ホワイトボードの準備>

射会のタイトルや成績などを記入するホワイトボードの準備をします.ホワイトボードと設置台は巻き藁脇にありますので,射場出口とガラス窓(控え側)の間に設置してください.事前に枠の記載も行いますが,書式は参加人数や射講により変わりますので,分からなければ幹部や進行役へ問い合わせてください.

<矢渡しの準備>

射手・介添えの確認と安土の整備を行ってください.

<マグネット・名札の準備>

参加者名簿を参照し,マグネット名札入れから参加者を取り出してください.立ち順については月例では先頭に無段,最後に高段位を配置し,祝射会,納射会,初射会では高段位から順番に配置してください.

<射会ノートの準備>

ノートに射会のタイトル,参加者名簿の記載を行ってください.

<幕の準備(祝射会,納射会,初射会)>

備品棚にある紫の幕を銀色のカーテンレールに設置してください.幕は大きいので設置作業は5人以上で行い,脚立を使用する際には怪我や事故に十分注意してください.

<師範席の準備>

体育館の会議室から長机1個と椅子3つ借り,師範席に設置します.常設の低い長机は、師範席扉の廊下側窓下へ移動させます.

<弓立ての移動>

射場内の弓立てを道場玄関の下駄箱の向かい側へ移動させます.他の方の弓が置いてある場合は必ず一声掛けてから,複数人で移動してください.

<矢立ての移動>

射場内の矢立てを控えの奥(非常扉の前)へ移動させてください.


☆(彩弓会会員以外が利用している場合はほとんどありませんが)彩弓会の行事で占有する時間以外は,なるべく一般利用者の邪魔にならないように配慮をお願いします.

☆これらの作業は競技委員以外の参加者にも積極的に参加して頂きたいので,お手伝いや協力の指示をお願いします.


2.射会の進行(立ち順により適宜役割分担を交替してください)

・開会時の全員整列はもたつくことが多いので,適宜整列の誘導をお願いします.

・矢渡し終了後,射候に則って的掛け的位置の確認を行い,行射の準備を促してください.

・(もともと月例ではあまり進行係をおかない雰囲気だったのですが)必要に応じ進行を行ってください.特に無段・低段者は入場の段取りや所作がおぼつかない場合があるので補助してください.

・弦切れ・矢こぼれ等の際には直ちに処理を行い,場合によっては指示してください.

・競技方式での進行では各立ちの開始に「はじめ!」の号令をお願いします.また,運行上遅れなどが生じた場合は選手に指示してください.

・射候も大詰めになりましたら,射詰め・遠近競射・賞状の準備を行ないます.

・射詰め・遠近競射では審判員の役目を行ってください. 

3.閉会式及び片付け

・閉会式では表彰の際,賞状・杯・商品の受け渡しを行います.

・優勝杯のリボンの名前等記入を優勝者に指示してください. 

・閉会式後,後片づけを行いますが帰宅を急ぐ者と入り乱れますので,事故や怪我のないように注意してください.

 4.心構え

☆射会の運行は競技規則に則って行うことを基本とします.競技規則の内容や改正点などはインターネットに公開されていますので熟知しておいてください.

☆替え弓(弦切れ),失矢における進行役の所作を事前に練習しておいてください.いつ役目がくるか分かりませんので,とっさに行動できるようにしましょう.

☆段位に関わらず,射会の運行においては他の模範となるようにしてください.

 ・競技の間合いの徹底 ・本座の位置の徹底 ・看的及び表示変更方法

☆支部や県連行事の際にも運行・進行を積極的に行ってください.また支部や県連向けの競技委員が不在の際,指示があれば代理を務められるようにしてください.

 

以上